親離れの小さな小さなサイン。

子離れのサインは
子どもが教えてくれる。

親はそれに抵抗せず
そっとすくって受け入れていくだけ。
.


小さな身体に無数の矢を浴び
無言でもがき、ときに叫び…

ギューッと小さくなったと思えば
硬く鋭い角をとがらせて
辺り構わず転がって
傷をたくさん作ってみたり…


子どもが自分のなかで
物事との折り合いをつけようと
模索する姿は

近くで見ていて
やはり痛く、切ないもの。


だけど
人は苦悩した先に
また新たな一歩を踏み出す力を
その時、手にするのだ。

踏み出す足は
今いる場所より少し上の大地へ。


こうやって人は
「成長」をくりかえし
生きていく力をつけていくんだな~

すごいな~
.


苦悩のターンを越えた息子が出したのは
小さな小さな親離れのサイン。


あ、そうか、こんなにも早く出すのね。

わたしのなかの反応も味わいつつ
息子のサインを
そっとそっと受け入れていく。


教えてくれてありがとう。
グッと成長したキミは本当に輝いているよ!

そして、その成長が
ただただうれしい!!

すごいな~


f:id:yano-azmie:20170622155451j:plain

親離れの小さな小さなサインにより
矢野家は大きな変化がありそう!うふふ~


今の家族に必要な空間づくり❤
わたしが毎日、毎瞬やってること!

大掛かりなのは久しぶり!
この成長、とってもうれしいな~


いささか
ロディの横顔が寂しそう…だけどね❤


暮らし空間創造AtoZ
矢野あずみ