わたしらしい生き方を教えてくれた最強サポーター

わたし、ずっと

自分の生き方がわからなかったんです。

 

自分が何を望んでるのかも

本当はどんなことをしたいのかも

夢を描くのもすごくすごく苦手でした。

 

それ以前に

わたしにも「自分の人生があるんだ、へ~」

ということに氣づいたのが21歳とかで

 

自分の足で「人生を歩き出したな」

と実感できたのは25歳頃というくらい。

 

だいぶ長い間、

何だかボヤ~っとした世界の中を

いつも何かしらの苦しみとともに

生きていた感じでした。

 

 

「自分の人生があるんだ、へ~」と思ってからは

手探り状態で、いろんなことに突き進んでは

思いっきり壁にガツンッ!

あーこっちじゃないのかー

これも違うかー

なんて、どうにか生きてきたわけですが

 

 

生き方を模索しているわたしを

そうっとサポートしてくれていたのは

暮らし(住空間)でした。

 

 f:id:yano-azmie:20170524160449j:plain


「どう生きたいんだろう」

「わたしは本当はどう思ってるんだろう」

と心に問いただし続けても

コレという答えはそうなかなか浮かびません。

なんせ、模索中ですから・・・(笑)

 

でも、そんなときに暮らし(住空間)は

目に見えるカタチでわたしに教えてくれたのです!

 

あ~氣持ちいいな~

最近料理が楽しいな~

あれ、邪魔だな!

あー!!イライラするー!!

あの部屋、帰りたくない。。。

などなど

 

こんなことを感じて、はじめて

自分の望みや、心地いい生き方を

知ることができたんです!!

 

 

知ったら

その望みに暮らし(住空間)を『そろえる』

 

また何か感じて、氣づいたら

その望みに暮らし(住空間)を『そろえる』

 

模様替えでは限界があれば引っ越し!

それを何度も繰り返しました。

(おかげで引っ越し7回!)

 

 

でも、ハッキリと見えるんです!

 

生き方がどんどんシンプルになって

心も軽くおだやかになっていくのが!

 

しかも、

暮らし(住空間)とのズレや揺れが出てきても

その幅が狭いうちに

敏感に感じとれるようになっていきました。

 

 

自分と暮らし(住空間)がそろうと

とにかく氣持ちいいんです!

 

お家がわたしを

等身大で!わたしのまんまで!

いさせてくれる♡

 

そのことが

生きることへの安心感を

与えてくれたような氣がします。

 

 

暮らし空間創造AtoZ

矢野あずみ