読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの経験が活かされる悦び。

昨日、庭で遊んでいるはずの子どもたちが
行方不明になるという出来事があった。

わたしは携帯片手に家の近くを捜し回り
110番する寸でのところで見つけられた。

...

近所のとあるお宅で
ドラえもんの録画を観ながら
リンゴジュースを飲んでいた。

ホッとしたら、涙があふれてきた。
子どもたちを抱きつつ
しばらく笑い泣きをした。
娘がそっと涙を拭ってくれた。
.

騒ぎが静まると、そのまま
その家に一人でいた女性との会話が
ポツリポツリ…と始まった。

不思議なことに数分後には
深い深い「生き方」の話になっていた。

そこから何時間も、
一度お昼ゴハンを食べに中断し
再開して、また数時間。

何かに仕組まれたような出逢いと
場のセッティング、
導かれるような話の流れに

「なぜ、そうなるんだろう?」
という疑問が浮かぶのと同時に

「ああ、またか」
と頷いているわたしがいた。
.

どうしても「生き方」の話に
辿り着いてしまう。

街に新しくできたパン屋のことや
息子の愚行でも軽く話して
済ませてもいいはずなのに…

「生き方」の話ばかりするなんて
重苦しい、面倒、真面目とか思われるとか

初対面なのにそんな深い話をして
踏み込みすぎた?熱すぎた?と振り返ったり

どうしても付き合いを狭めて
わたしを出し惜しみしてきた。

けど、この「生き方」の話って
やっぱり人と関わってじゃないと生まれない。

昨日は
求められてるのが、活かされてるのが
よーく伝わったの。
純粋にうれしかった。

わたしの命を活かしてくれてありがとう!
っていう氣持ちで充満してた。

わたしは
部屋にこもってコツコツと産み出す作品で
誰かを癒せるわけではない。

人との関わり、人との対話から始まる。

一歩目からグッと踏み込める
‘ それ ’ も認めて。

もう逃げない。
関わることを怖れない。

わたしの命を活かしてもらうために。

行方不明未遂の子どもたちよ。
また大切な導きを、ありがとう。