あの沈黙を、あえてぶち壊しにいく!

息子の園行事で 風を切ってびゅんびゅん走り 童心に戻ったわたし。

それはそれは 氣持ちのいい解放感で

あ、この感覚 わたしに合ってる!

特別なモノにしないで わたしにとっての当たり前にしよう と、ニンマリ顔が戻らなかった。

のも束の間

広い体育館の隅っこで 大人だけの質疑応答タイムが はじまった途端、 その場の空気に 打ち消されそうになった。

.

「今日の感想、子育ての悩みなど 何でも結構ですので どなたかありませんか?」

講師の方を中心に 半円を描いて座る大人たちが 一斉に動きを止めた。

運動を通して緩んだはずの心が キュ~、パタンッと 次々に閉ざされてゆく音がする。

「別に…わたしには関係ない」 みんながどんな顔をしていたかは 見ていないからわからないけれど

右に同じ、右に同じ、右に同じ…

って、時間が過ぎるのを 無事に祈っている感じなのか。

凍りつく空気。 独特な緊張感。

わたしは よくある、こういう空気の波 沈黙がいたたまれなくて

あえて手を挙げて ぶち壊しにいく!!!(笑)

.

本当にみんな 言いたいことがないの?

楽しかった。 疲れた。 子供の成長を感じた。

感想ならいくらでもありそうなのに。

本当にみんな 悩みとか疑問とか抱えてないの?

.

講師の方が言っていた。

「あとで個別に話しにきてくれる お母さんがいるんだけどね。 こんなにいい質問! さっきみんなに聞かせたかったー ってことがよくあるんだよね」って。

わたしもそう思って 手を挙げて発言をする。

いい子ちゃんごっこの 不毛な時間を過ごすのは もう止めにしない??

ちっぽけな悩み、疑問でも シェアすることで 誰かの、何かのキッカケに なるかもしれない。

わたしの疑問が解消されて 誰かの疑問も解消されて

さらには 誰かが手を挙げる勇氣に つながるかもしれない。

.

感想も、疑問も、悩みも 意見も、思いも、理想も

右に‘全く’同じ! ってことはないのだから

どう感じ、何を考えているのか シェアしていこうよ。

「同じところ」を探して いい子ちゃんごっこの 不毛な時間はもうおしまい!

「違うところ」を探して それを面白がって 違いから、新しい何かを どんどん創っていこう!

そのためにわたしは あの沈黙を あえて、ぶち壊しにいくよ!

矢野あずみ