読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

24時間矢野あずみ、解禁!

わたしは自分の声を封印した。

新生児室で誰よりも低く泣く 濁(だみ)声のこの声を。

話し出すと振り返られるこの声を。

声優にスカウトされたこの声を。

内緒話してたら 教室中に聞こえていたというこの声を。

.

皆と同じの 「ふつう」でいられない 生きにくさの原因がこの

何かと目立ってしまう 地声のせいだと

わたしは自分の声を封印した。

.

裏声で生きていると 世界が穏やかになった。

敵を作らなくなっていった。

腹を立てることが少なくなった。

感情の起伏が減った。

平和に向かっているものと思っていた。

.

でも、カラダのなかで感じる かすかな違和感は消せなかった。

本音を語っていても どこかウソをついている感じがした。

自分の話す声が、自分のカラダで響かない。

胸の芯のところを話しているつもりでも 表層の安っぽい借り物の言葉に聞こえる。

いつもフワフワとしていて 自分の想いや感情のどストライクが 自分で掴み切れない。

感情の細部がぼやける。

・・・これらを「分離」というらしい。

わたしは目立つ個性 =地声を封印することで

わたしであることを否定し続けてきたのだ!

あきらかに 魂がすねている。

.

目立つ個性を封印する一方で

本当のわたしは 「ふつう」じゃ、つならない! と叫び続けていて

どっちなんだ?!矢野あずみ!!! この矛盾に耐えられなくなったぞー!

と、とうとう悲鳴をあげた模様。

14591769_1662572987367230_8190798024192799762_n

てなワケで、わたし、矢野あずみは

24時間365日 何かと目立ってしまう地声で生きる!!

いつでもどこでも 矢野あずみでいたいから

授かった個性を響かせまくる!! 濁(だみ)声で目立ちまくっちゃうよ!! 個性バリバリ解禁で、よろしくー!!!

矢野あずみ