読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい塩梅母さん

f:id:yano-azmie:20170304132827j:plain
小さな手と、春みっけ!
.


どっぷり母さんもやった。
目標は100!

行き詰まって
しんどくなって
やめた。

突き放し母さんもやった。
目標は0!

効率はいいけど
いつもギスギス
楽しくなくて
やめた。

お母さんやっても
わたしが侵されるわけではないと知り
やっと力が抜けて

いい塩梅母さんをやってる。
.

人生って

自分の手札を
オリジナルの視点とタイミングで
コラボさせて、彩る展開を楽しむ
冒険ストーリー。

手札を残さず使いこなせたとき
次のステージへ❇
そんな感じ。

手札の解釈もオリジナルでOK!
読み方によっては自由にも不自由にもなる。

いかに都合よく読んで
展開を楽しむか、だわね!


矢野あずみ

この魂を嗅ぎ当てた!

f:id:yano-azmie:20170303203756j:plain

あらゆる価値観が
ほっとんど交わらない夫との会話は

違いが露呈するたびに
わたしの本当の望みが浮き出される。

どこがどう違うのか?

子どもからすれば大喧嘩に見えるような
白熱した(いや、一方的にわたしだけが熱い)
心からの叫び合いは

‘ お前、何しに生まれてきたんだよ! ’の答えの
アウトラインを荒々しくえぐっていく。

本当にありがたい確認作業の時間だ。

子どもたちも
大喧嘩のあとの清々しい母の顔を見れば
これを悪いモノとは受け取るまい(笑)

「いや~さっきのは近年で3本の指に入る
なかなかのモノだったよ♪
おかげで今必要なことがキッチリ見えた!
いつもいつもありがたい存在だわ~❤」

「そう。何のことかサッパリわからないけど
それはよかったね。」

わたしが、しっかりとわたしの道を選ぶことを
見てないふりして背中から見守ってんだな。

この人を、この魂を嗅ぎ当てた
あの日のわたしの嗅覚を褒めちゃるぞ~٩( 'ω' )و

矢野あずみ

死にたい…

昨晩、暗い枕元、両脇に子どもたちを抱え
10数年ぶりに涙とともに込み上げてきた。

 

「死にたい…」

 

ただ、深い深い海の底から
本当にかすかな音で聴こえてきた。

 

何か特別なことがあった日でもなく
なぜこの言葉がにじみ出てきたのか。
当のわたしも驚いた。

 

「死にたい…」とはどういう意味か。
わたしは何を感じているのか。
.

 

突然、スライドショーのように
目に映る場面がカチカチと変わり

 

ひと通り見終わったところで
ゆっくりと光がさしてきた❇
.

 

ああ、生きたいってことか!
魂の本当の望みが顔を出したんだ!

 

「死にたい…」は絶望じゃなくて
未来への強い強い希望なんだ!!!
今から始まるんだ!

 

望みのために生きよう❇

 

そんな風に感じて静かに眠りについた。