読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躍りたがってる音符♪

f:id:yano-azmie:20170309104444j:plain
我が家にカリンバがやってきた。

夕方、子どもたちが各々に遊んでいる頃を見計らい
姿が見えないところでポロ~ン♪と鳴らす。

少し間をおいて、もう一度、ポロ~ン♪

すると、子どもたちの耳が
こちらを向いたのがわかった。

今度は続けてポロン、ポロン、ポロ~ン♪

息子は立ち上がって空の鳥を探すかのように
部屋を見渡していた。

素朴で温かいカリンバの音を奏でながら
いよいよわたしが壁から登場すると

ふたりとも、みるみるうちに顔が晴れ渡って
声も出さずにキラキラの表情で駆け寄ってきた!


かすかな音をキャッチして
音を探す、耳遊び。

言葉のいらない
感じるコミュニケーション。
楽しくて大好き!


f:id:yano-azmie:20170309104507j:plain
カリンバは簡単に鳴らせるし
スーッと心に沁みてくる、どこか懐かしい音色。

泣いてる娘がピタッと泣き止んで
すぐさま演奏家に♪


この家にピアノが来たのは息子が赤ちゃんの頃。
音のある暮らしがいいな~と思って。

で、そんな小さな時に買ったからか
「誰が弾くの?習わせるの?」とよく訊かれたし
今でも訊かれる。


f:id:yano-azmie:20170309104533j:plain
弾きたいときに弾けばいい。
音を奏でたくなったときのために楽器はある。
ただシンプルに、そうでいいと思ってる。

子どもたちは本当に好きなときに
好きなように弾いてる。

赴くままに弾くときもあれば
園の手遊び歌や、クラシックのピアノ曲
耳コピして再現していたり

近頃、息子は
楽譜を自作して弾くのが氣に入っているようで

「花の人生のうた その2」や「パンチのうた」
「空につなぐほし」「北岳のむらのカキ」など
躍るような音符や記号とともに書かれていて
それはそれは楽しそう♪


その様子を見て
五線譜のノートを与えようとした人がいたけれど

それは息子が5本の線の存在に
氣づいたときでいいと、わたしは思うのね。

まだ彼の音符は躍りたがってる!って感じるから❇


矢野あずみ

わたしにとって最高に価値あること!

f:id:yano-azmie:20170308111349j:plain
庭で春を知らせる檀香梅のつぼみも
だいぶ膨らんできたよ。


「庭を整えると、わたしが整う」

手入れをするたびにそう感じるのだけど…

ここのところ、庭も野放し状態が続いていた。
庭に出ることすら億劫だった。

まあ、いろんなコトに迷子だったね、わたし。
.

お天道様がいて、四季があって
雨が降って、風が吹いて…

庭の生き物は放っておいても自然に育つ。
子どもたちも自然に育ってくれ。

基本は、言葉ではそうなんだけど

なんて言うのかな~

「手を引く」と「手を抜く」
「切り離す」と「切り捨てる」
の違いみたいなところに体感として氣づけてね

さらには、
わたしはどうしていたいのか?のところも
ようやくカタチが見えてきた感じ。
.

結局わたしは【五感】や【感受性】を大切に
暮らしていたいんだよね。

大切に思うし
大切にしたいし

そこに価値を感じるし
それが悦びなんだ♪
.

下の子が生まれて
いろんなコトを一つ一つ感じている余裕がなくて
作業をこなす毎日になって
楽しくなくて

いっそうのこと
すべて捨ててしまいたくなって
不自由に感じて、無きゃいいのにって思って
逃走して、迷子になって、哀しくなって。

でも、迷子になっても戻ってこれた!

捨てたかったんじゃなくて

大切にしたいことを、
ただちゃんと大切にしたかったんだね。

【五感と暮らす】

わたしにとって最高に価値があって
最高に悦んじゃうこと♪

何なら、それさえ大切にできれば
どんな物事でも楽しくなっちゃうんじゃないかな~
って思うよ!!!

わたしにとっては
感じることより価値あることなんてないさ。

もっと感じまくる。
もっともっと!


矢野あずみ

いい塩梅母さん

f:id:yano-azmie:20170304132827j:plain
小さな手と、春みっけ!
.


どっぷり母さんもやった。
目標は100!

行き詰まって
しんどくなって
やめた。

突き放し母さんもやった。
目標は0!

効率はいいけど
いつもギスギス
楽しくなくて
やめた。

お母さんやっても
わたしが侵されるわけではないと知り
やっと力が抜けて

いい塩梅母さんをやってる。
.

人生って

自分の手札を
オリジナルの視点とタイミングで
コラボさせて、彩る展開を楽しむ
冒険ストーリー。

手札を残さず使いこなせたとき
次のステージへ❇
そんな感じ。

手札の解釈もオリジナルでOK!
読み方によっては自由にも不自由にもなる。

いかに都合よく読んで
展開を楽しむか、だわね!


矢野あずみ